えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 30日

世界の夜景(6)イラン

再びイランからですが、今回はアフワーズという都市にあるモアッラグ橋の写真です。カールーン川に架かっている橋ですが、ホテルから見えたその夜景はたいへん美しいものでした。アフワーズはクウェートに近く、イラクまではほんのちょっとの距離です。イラン・イラク戦争では大きな戦禍があったそうです。この地域では石油が採れるので石油産業の工場地帯があります。

私がこの都市に寄ったのは、そこから北に行くとメソポタミア文明のピラミッド(ジグラット)が見られるからです。チョガーザンビールという地名で、アケメネス王朝の遺跡もその近くのシューシ(スーサ)というところにあります。
e0031500_04218.jpg

[PR]

by elderman | 2005-09-30 00:04 | Comments(2)
Commented by yagiaki at 2005-09-30 12:59 x
イランの橋は本当にきれいですよね。エスファハーンでスイ・オ・セ橋やハージュ橋に行きましたが、「ここは東京か?」とみまごうばかりの電気が橋にかけられていて、本当にキレイでした。こういう風に橋をキレイに飾ろうという発想もイラン人と日本人は似ているのかも知れませんね。
Commented by elderman at 2005-09-30 13:33
yagiakiさん、こんばんは。^^
エスファハンの橋はそりゃぁもう特別です。車が通過できない橋だしね。^^
橋には機能美も備わっていますから、それ自身でも美しいし、電飾を施した夜景も素敵ですね。^^


<< 世界の花(18)アラマンダ      日本人の特殊性(27):和製英語 >>