えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 28日

日本人の特殊性(26):言葉の短縮

日本人ほど言葉を短縮する人たちって他の国ではあまりみかけないですね。セクハラ(セクシャル・ハラスメント)、リストラ(リストラクチャリング)、ボディコン(ボディ・コンシャス)、ロリコン(ロリータ・コンプレックス)、チョベリグ(超ベリーグッド)、あけおめ(明けましておめでとうございます。)、パソコン(パーソナル・コンピュータ)・・・などなど。あっ、私も「エルダーマン」を短くして「えるだま」にしていました・・・(汗)

もともと漢字の長い固有名詞はどんどん短縮して使っているので、この辺りから短縮への抵抗がなくなったのでしょうか。東関道(東関東自動車道路)、環八(環状八号線)、圏央道(首都圏中央道路)・・・などなど。鉄道の路線も都市の名前から作っていますね。京成電鉄(東京ー成田)、埼京線(埼玉ー東京)、東横線(東京ー横浜)・・・などなど。

それから長嶋元監督じゃないけど、日本語で話をしているのにやたらと英単語が混じる人。英単語というよりも、カタカナ外来語ですね。非常に軽薄に響いて来ます。「よくリサーチをして、そのリザルトをイフェクティブに活用しないといけない。」・・・「よく調査して、その結果を有効に活用しないといけない。」でいいんですけどねぇ。

国際的にも、長い英語の熟語をイニシャルにしてしまうことはよくあります。TORとかC/Pってのは一般の人には分からないイニシャルでしょう。世界的にもイニシャルでの省略はかなり多く見かけられます。国際連合をユナイテッド・ネイションと言う人はほとんどなく、みんなUN(ユーエヌ)ですし、ユーロピアン・ユニオンはEU(イーユー)として定着しています。

また、完全に日本語になっている英語も多くありますね。これらは日本語に置き換えたら却って変です。コンピュータを電子計算機という人はまずいないでしょう。ウインドウズを窓って言う人や今でもCDをコンパクトディスクって呼んでいる人っているのかなぁ。エクセルを表計算ソフトって呼んでも面白そうですね。メディア・プレーヤーなんて日本語にできないかも・・・ 媒体演奏機かな。

という訳で、日本語が相当乱れて来ているというのに、さらに意図的に一層乱している若者たち、なんとも困ったものです。若者言葉は仲間言葉として連帯感を表現するのに使用されているそうですが、コミュニケーションを阻害するということを意図的にやるのですから、どうにも逆行、反動としか受け止められないですね。この傾向は日本だけだと思います。

日本語の語尾の変化については前に検討したことがありますが、非常に豊富なことに驚きました。それだけニュアンスに拘る国民性ということができるかも知れません。方言もかなり語尾に出ているようなので、語幹を保ちながら地方に合う形で定着したのかも知れません。

英語でも実は言葉使いはかなり乱れているように思われます。古い映画をみると綺麗な英語の台詞が聞こえて来てほっとしたりします。本当らしさを追求するあまり、俗語での会話が氾濫して来たのでしょうか。テンポも速く、乱暴な表現も増えましたね、そういう時代なのでしょうか。どんな台詞の中にも「ファック」とか「ファッキン」とか入っていた映画を見たことがありますが、あれはどうにかならないものでしょうかね、もちろんマフィアの話でしたが・・・・

日本語にはその上、隠語もあります。業界用語ともいいましょうか。知らないとさっぱり分からない言葉ですね。寿司屋の業界用語が元祖なのでしょうか。「がり」、「しゃり」、「げそ」、「あがり」、「むらさき」などですね。

言語は文化そのものですから、日本人の特殊性とは言い切れませんが、日本語はもともと難しい言語だと思われるのに、これだけ乱れたら日本語を勉強したい外国人が困りそうです。実際、彼らの方が正しくて丁寧な表現を使いますね。親しみを込めて日常的な表現で答えると通じなかったりして、こちらが恥ずかしくなったりすることがあります。

それにしても語学をやると、どうして最初に「私は○○です。○○から来ました。」なんて覚えるのでしょうかね。こんなことを聞かれたことは未だにありません。ましてや、「これはペンです。」なんてまったく無意味ですね。
[PR]

by elderman | 2005-09-28 08:20 | えるだま雑記【案内画面】 | Comments(12)
Commented by TAMA@合衆国の片隅 at 2005-09-28 09:36 x
はじめまして!以前から時々楽しく拝見しています。
日本語教師のタマゴの中にかれこれ7年ほど入りっぱなしの者ですが、確かに「私は○○です。△△から来ました」から入るのは王道ですよね。
でもあまり使い道ないですか?「これはペンです」よりは良いと思うんですが(笑)。

ではどんなところから入ったら「使える日本語」が導入できるでしょうか?アイディアがありましたら参考までにお聞きしたいです(ちょっと真剣(笑))。

Commented by elderman at 2005-09-28 12:13
TAMAさん、ようこそいらっしゃいました。^^
「使える日本語」ですか、本気で外国語を習得しようとするなら、つらいですけどやっぱり動詞をきちんと覚えることが一番肝心でしょうか。基本の動詞の使用頻度の高いもの10個くらいを徹底して活用を含めてマスターすることが早道だと思います。
単語をたくさん知れば知るほど会話能力が高まりますが、これは大変なので名詞は英語のままでいいからどんどん動詞の練習をさせるといいと思います。日本語の語尾変化がたくさんあるので、これが最終段階でしょうか。最初からやると混乱してしまうでしょうけどね。(苦笑)
Commented by japonikk-la at 2005-09-28 12:26
わあ〜、今日本語が本当に乱れているからか日本語に関した本が一杯でていて良い傾向ですよね。私も懐かしの日本語とかいうの買って来たりしちゃいました。本当は頭の悪い人の話し方というのを買おうか迷ったんだけど止めました。そっちの方が良かったかなあ私には。
ところで私が日本に帰ると完璧長島式日本語になってしまいます。恐いけど。
Commented by elderman at 2005-09-28 12:37
japonikk-laさん、そうですね。^^
もともと語尾変化に柔軟な日本語ですから、どんどん新しい表現が加えられるし、短縮化もできるし、時代とともに変化しやすい言語だと思いますね。
長島式英語は外国人に教えるときに便利なのですが、日本人がやるとなんか変な感じになりますよ。(笑)
Commented by 宇宙和里 at 2005-09-28 16:28 x
☆私は和里です、宇宙から来ました!★  短縮、、多いですね~。 カタカナ(英語などの外国語)の氾濫、一時ほどではないけれど、日本ってこんなに寛容な国なの?って思うほど、カタカナ言葉が多いですよね。はっきりいって、選挙の”マニフェスト”、あれ、解かりません。 manifest が解からないのではなくて、どうして、この言葉をカタカナで、議員の方々が、連呼するのか!?使うのか?!解かりません。 日本に帰国して、娘の漢字力は上がったものの、話し言葉としての日本語は、(豊富になったともいえるけど)乱れました・・・。テレビの影響を受けるだけじゃなくて、それを実生活で実践(会話)しないと、仲間に入れないのでしょうかね~?~ それと・・・ どんなに短縮するのが、好きでも、空港(入国審査)で、外国人(日本人ではない人)のことを、エイリアン alien というのは、飛躍のしすぎ(短縮というか??逆の意味で)だったと思います、近年、 non japanese に変って、良かったです^^。 ことばの 表向きの”訳・意味”だけではなくて、使われている場所で、どう使用されているかを考えて、言葉を話したいですね。
Commented by elderman at 2005-09-28 17:05
宇宙和里さん、宇宙からようこそ。^^
絨毯は高級品、カーペットは日常のものなんて使い分けはいかにも日本人らしくていいですね。^^
カタカナ英語は本来の意味を失っていることが多いので要注意ですね。例えば、ナイーヴ:カタカナでは素直なとかいい意味だけど英語ではちょっとバカにした意味だし、デリケートというのも英語ではセンシティブの方が近いですからね。
エイリアンってのはいいですね。(笑) ETじゃぁひどいものなぁ・・・あ、宇宙さんは・・・・ (笑)
民主党は「マニフェスト」なんて主張するから嫌われたのでは?「フェミニスト」の方が受けたかも。(笑)
Commented by TAMA@合衆国の片隅 at 2005-09-28 22:41 x
おお、いきなり動詞からですか。現在主流のメソッドではやはり自己紹介から入り、ある程度名詞や数字を入れて5単元目あたりで晴れて(やっと)動詞に入っていきます。そこからはまさに動詞・動詞・動詞ですけれどね。最初から動詞というのは新鮮ですね。
Commented by elderman at 2005-09-28 22:45
TAMAさん、おはようございます。^^
最初って本当の最初は挨拶などでしょうが、動詞と助詞の使い方を覚えるのが大事ではないかということです。挨拶は文法もなにもないから発音と一緒に練習すればいいんじゃないでしょうか?日本語のアイウエオってかなり他の言語と違うから、これも重要でしょうね。^^
Commented by ショコポチ at 2005-09-28 23:22 x
えるだまさん、こんばんは。
今日、TVで面白いクイズをやってまして、たとえば「○○ド○○セッサー」という言葉。この○○は略語なんですが、さて何でしょう?みたいな形式です。この場合答はもちろん「ワープロ」です。
ところが、「○信○○ディ」「○○チューム○○イ」なんかになると、うちの母などは正解が出ても「??」だったようです。おかげで着メロとコスプレの説明をするはめになりました。
略語はやはり若い人の言葉に圧倒的に多いということなのでしょう。ひとつの隠語、符牒なんですかね?「仲間」と「そうでない人」を区別するための。
外国ではたぶん、「アナタとワタシ、違うひと。どうやって理解すればいい?」から始まるんでしょうが、日本の場合は、「どこまで同じ?」という点に重きが置かれる感じがします。あ、なんか息苦しくなってきた(笑)
Commented by elderman at 2005-09-28 23:30
ショコポチさん、こんばんは。^^
日本にいると区別なのか差別なのか、気になるときがありますね。
また日本人ほど表現のニュアンスに敏感な国民もいないのではないかとも思われます。それで語尾にいろいろな変化が生まれ、さらには曖昧な表現がどんどん出てくるという具合なのでしょう。
外国では言語が違う民族もいるし、とにかく正確に伝えることが優先になるので、ニュアンスなんて構っていられません。(笑)
Commented by 宇宙和里 at 2005-09-29 09:02 x
ケーキを食べに行く前に(って、これから家事です、そして、自由時間)、
ショコボチさんの、○ですけど、私、ワードではなくて、フードかと思いましたよ!そうそう、面白いのは、外国の方が、こういうことば、短縮しないんですよね~ フード・プロセッサー、ってみんな略さずに言うし、日本ではみんな”チン(ニックネーム?)”っていってるけど、あちらでは、律儀に「マイクロウェーブ」って言うし。。。  民主党・・・フェミニストで負けたら、二度と立ち直れないかも^^。
Commented by elderman at 2005-09-29 10:14
宇宙和里さん、そうですね。^^
英語ではあまり省略はしませんね。冷蔵庫という単語は長いので「フリッジ」って略すのが普通ですけど。それ以外は何があるかなぁ・・・ 
アルファベットで頭文字で略すものは知らないと通じませんからねぇ。テレヴィジョンはさすがに使わないかな・・・ TVですね。


<< 世界の夜景(3)マレイシア      秋の花(7)ヒマワリ >>