えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 25日

日本人の特殊性(23):自己主張

日本人というのはなかなか自己主張しない国民性を持っていると思いますね。特にみんなが初対面だと誤解を招くのを怖がるのか、まずは様子見というのが習性なのか、各自の意見は誰かに促されないと表明しないようです。最初のこの気まずい時間ってのは私にはたまらなく苦痛に感じられます。時間の浪費とも思いながら、それでも参加者の顔色を覗っている自分も日本人そのものですけどね。

日本人社会の中で、日本人が自分の意見を言わないか、自己主張をしないか、というとそうではないのです。ただなんと言うか、日本人社会の中では、意見を言える人間と、言っても聞いてもらえない人間ができて来ちゃうということがあるようです。日本の会議では、まず一番偉い人は聞き手に回りますね。そして意見や提案を述べる部下がいる。一番偉い人の決定は最終決定ですから、結論が出れば会議はお仕舞いということになります。

面白いのは、担当が決まっていないときなどのオープンな会議の場合、日本人同士の場合、発言の内容よりも誰が発言したかというところに力点が置かれているように思われます。これは多分言葉による表現力に限界があるということを承知しているところから来るのではないかと思います。不言実行という諺もあるように、日本人社会では理路整然とした立派なことを言ってもあまり評価にはつながらないようです。では何が重要かと言うと、それは発言者の人となりということになるでしょうか。

不思議なもので、何回か同じメンバーで会議をやっていると、メンバーの発言に軽重が生じてくるようです。「彼はいったい何者なんだ?」、「あんなこと言っているけど?」、「へぇ、切れ者なのか。」、「いつもああいうことを言っているのか。」、「でかい態度だけど何者なんだ?」・・・などなど、ひそひそですね。

ですから、会議の出席者で自分の支持者がいたりすると雰囲気は大きく変わります。支持者と言っても特別何をする訳でもないのですが、自分の話を好意的に聞いているという雰囲気は不思議と伝わるもので、それが会議の雰囲気まで支配するようになります。話し方が上手いかどうかというのはあまり関係がないようです。日本の場合、むしろ雄弁な方が信用という点では不利なようです。

自分の担当範囲のことだけしか言わない人もいれば、他人の分野にまで興味を持って聞いている人もいます。会議をまとめる事務局は、賢くないといけないですね。エキセントリックな意見に振り回されてもいけないし、重要で有用な意見を軽視してはいけません。これはどんな会議でも重要なことで、事務局というのは権限の強いものです。普段は会議場の雑用ばかりしているように見えますが、しかしてその実態は権限に裏づけされたものだったりします。

事務局というのは自己主張を直接する立場にはあまりないものですが、実は会議全体をコントロールしているという性格を持っています。信頼されていない事務局では議事進行がスムースにいかないことは自明なことでしょう。ではその信頼はどこから来るかというと、会議の席上ではないのですね。裏技とは言いませんが、会議じゃないときの交渉、付き合い、人間関係から来ることが多いと思います。そして、その延長として5時から男が現れてくる。

「5時から男」ってのは海外ではまず見ないですね。5時からの世界で、本音を吐き出して、調整をする。会議ではその本音は暗黙の了解事項ということであっさり片付けられる。いかにも日本的でしょう。会議の席で参加者はその臭いを嗅ぎ取る神経も必要になるでしょう。知っていてちくちくやる人もいますけどね。議事録をとっても行間まではなかなか読めないものです。

このように日本人の自己主張や意見を述べる行為というのは、日本人特有とも言えるような非常に複雑怪奇な過程を含んでいます。このような日本人が国際会議に出席してどこまで渡り合えるか大いに疑問に思われます。日本の意見を表明するだけならいいのですが、審議したり、あるいは事務局をやったりしたら、日本特有のものは一切通じなくなってしまいます。

中国人や韓国人には通じる部分がありますが、東アジアを離れたら日本人流ってのはまったく通用しないでしょうね。それほど世界の各国の代表者というのは自己主張、意見の開陳には慣れています。イラン人代表に至っては何回目の会議であっても白紙から意見を述べたりするメンバーがいたりして困りますけどね。
[PR]

by elderman | 2005-09-25 11:51 | えるだま雑記【案内画面】 | Comments(12)
Commented by japonikk-la at 2005-09-25 15:26
私は日本人だからというより、自分の考えに今一つ自信がないから自分の意見をそういう場所ではっきり言えない様な気がします。もっぱら夫にだけは自己主張ばんばんしてますが。
ところでえるだまさんのシェフはパキスタン人という事でインド料理も一杯食べますか?アメリカは今結構インド料理レストランが出て来ているんですが、どんな料理おいしいですかねえ。おすすめメニューとかありますか?日本人の口に合いそうなものとか。
Commented by elderman at 2005-09-25 16:35
japonikk-laさん、こんばんは。^^
自信ねぇ・・・ 自信を持てる、持てないというのも国民性のような気がしますけどね。日本人の場合、英語を話せるのに謙虚だから話せないと言ってしまいますね。外国にいると話せないのに話せると言って堂々としている人がいっぱいいます。
シェフはもちろんインド料理が得意です。カレーの類は飽きないからいいのですが、保存が効くので、まとめて作って冷凍しているようです。普段は西洋料理が多いですね。日本食は頼んだことがありません。 自分で作る楽しみは大事にしておきたいですから。^^
インド料理で一番人気と言えば、タンドーリ・チキンでしょうか。これはプロの味なのでシェフはあまり得意ではないようです。チキン・ウィングがとても美味しいですけどね。その他にいろいろカレーを用意してくれますが、素材に合わせた香辛料の使い方はとても真似のできるものではないようです。とても覚え切れないしね。(苦笑)
Commented by aki at 2005-09-25 16:55 x
言わなきゃ伝わらない。そういう仕事をしてきましたから、わからないことや自分のやってきたことを今の会社で率直に話しましたが、結果は最悪。上のやつの話を黙って聞けっていう感じ。今は必要以上に腰を低くしてやってますが、これじゃ私の自信はなくなるばかりで、正直古い体質のこの職場は私に向いてないなぁ。ちなみに新聞によると再来年までに更に再編がある様子でこの仕事は長く続けられるのか危うくなってきました。今のうちにとにかく勉強だけして沈みかかったらすぐほかの船に飛び移る準備だけはしておこうと思います。
Commented by elderman at 2005-09-25 16:58
akiさん、そうですか。今の会社ちょっと体質が気になりますね。実力主義でありながら、旧体質を引きずっているというのは少し奇妙な感じがします。意見を言えるポジションにつかないと何を言っても聞いてくれないという体質は日本にはあると思っていますけど・・・ 変わらないといけないでしょうね。
Commented by 村野かかし at 2005-09-25 20:00 x
実は副業(?)で、ある業界団体の事務局をやっているのですが、えるだまさんの話はだいたい当てはまります(笑)。いいのかなあ。
ちなみに、僕は何もしない事務局です。根回しも何もしないまま、役員会などを開催してしまいます。幸い、何とかなってますが、そりゃ僕の力ではなく、役員の方々が大人だからでしょうな。
ま、稀少種ということで......。
Commented by elderman at 2005-09-25 20:16
村野かかしさん、こんばんは。^^
わはは、日本の習慣も馴染んでしまえば、なんてことはないですよ。(笑)
外国流で事務局が切り回せれば楽ですね。^^
Commented by japonikk-la at 2005-09-26 02:01
えるだまさん、インド料理の件有り難うございました。いろいろトライしてみます。インド人料理って辛いから痩せるかなあ?
Commented by elderman at 2005-09-26 02:32
japonikk-laさん、こんにちは。^^
どういたしまして。インド人の女性たちってふくよかな方が多いですけど・・・ スパイスのお陰で食欲が増進してしまうのだと思われますが。(汗)
辛さは調整できますから、お好きな辛さでどうぞ。^^
Commented by 宇宙和里 at 2005-09-26 11:24 x
ご自分のことをどう思われますか? と 面接の時に聞かれ、なぜだか、私は、”「出る釘は打たれる」と言われます。”と答えました・・・。もう、ず~っと昔のことです。幸い、仕事にはありつきましたが、面接担当者全員に笑われました。自己主張しているつもりはなくても、持っている疑問やアイディアを口にすると、周りが、「そうだよね~」と言います・・でも、その人たちは、口を開かないのです・・・でも、公に賛同するかどうかはまた、別ですね、不思議な民族です。私は、年を取るにつれ、聞き上手にも(以前に比べて・・)となってきたつもりですが、自己主張は、させてもらっています。「聞くは一瞬の恥、聞かぬは一生の恥、」ですから、知りたいこと&自分の考えは、口にしてみるのです。
Commented by elderman at 2005-09-26 12:57
宇宙和里さん、こんにちは。^^
出る前に打たれたらたまりませんね。(笑) 周囲の様子を見るためにも出てみないとね。^^
新しい意見は未熟とも映るから神経使いますよね。こういうところはイランは楽でいいけど、賛同を得てもなかなか進まないということもあります。
日本の場合、意思決定されたら後は滞りなく進ませることができます。
周囲の雰囲気を察知するアンテナはどこの国でも必要だと思いますけどね。
Commented by ショコポチ at 2005-09-26 13:24 x
えるだまさん、はじめまして。村野さんのところからお邪魔しました。私が普段、ウツウツと考えていることを理路整然と示していただけて、いわゆる「目ウロコ」です(笑)。なので、勝手に記事中にリンクを貼らせていただきました。すみません。
普段は東京の片隅で、PTAのこととか音楽のこととかクライアントのムカつくおじちゃんのこととか(笑)かなり矮小なことを考えている主婦兼コピーライターです。これからも時々お邪魔して、世界に目を開かせていただきたいと思います!!最後になりましたが、一層のご活躍をお祈りしております。
Commented by elderman at 2005-09-26 16:46
ショコポチさん、ようこそお越しくださいました。^^
どうもありがとうございます。過分の評価をいただいて恐縮です。
このシリーズ、残りが少なくなりましたが、また別なシリーズでお楽しみいただければ幸いです。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
仕事中なので、後で改めてブログを拝見させていただきますね。^^


<< 秋の花(3)スイート・アリッサム      秋の花(2)ガイラルディア >>