えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 23日

沙漠の花(10)ピスタチオ

今回は花ではなくて実の方です。日本にいらっしゃるみなさまは、ナッツとしてのピスタチオだけをご覧になられていることでしょう。ピスタチオはウルシ科の植物です。イランにはたくさんのピスタチオ畑があります。生産量は世界一だと思います。

赤く写っているものがピスタチオの果実で、果実の中に殻を持った種があります。果実と言ってもほとんど外皮なので熟してしまえば捨てるだけです。種の部分を乾燥させてからローストし、レモンや塩などで味付けを施すものもあります。私たちが食べているピスタチオは種の中身を食べていることになりますね。

イラン産のピスタチオは、残念ながら日本には輸出されておりません。日にちが経つとカビが生え、そこに発がん性物質が検出されたというのがその理由のようです。イラン側は輸出先は日本だけではないということで処理方法を変えることなく製造しているので、いつまでも平行線のままのようです。
e0031500_12391745.jpg

[PR]

by elderman | 2005-09-23 12:38 | 花と樹木(沙漠) | Comments(6)
Commented by japonikk-la at 2005-09-23 15:43
お、私の大好物。日本には、輸出されてないんですか? 発ガン性物質の事も初めて知りました。暮れに日本に帰った時にこの美味しいピスタチオを日本の家族や友達に食べさせてあげたくって、イランにその数ヶ月前に帰国した夫に余分に買って来てもらって持って行ったんです。それにしても、もったいないなあ輸出できないなんて。
Commented by elderman at 2005-09-23 15:50
japonikk-laさん、こんばんは。^^
日本に入るピスタチオは中米産だろうと思います。イランからは個人でお土産にする分には問題ありませんから、私は持って行きますけどね。それと乾燥イチジクが人気です。^^
日本はそれほど魅力的な輸出先ではないのでしょう。カビが生えないような殺菌工程を追加すればいいのですが、何千年とやっているんだから文句あっかというところなのかな。(苦笑)
Commented by wakaba0818 at 2005-09-23 19:19
こんばんは
ピスタチオの名前は知っていましたが、食べたことはありません。
説明読んでいますと、日本の銀杏みたいな感じしますね。
皮がついていて、その中身を食べることが。
砂漠の果物って、栄養価満点でしょうね。
Commented by elderman at 2005-09-23 19:41
wakaba0818さん、こんばんは。^^
あらら、食べたことがないのですかぁ。ナッツの中では王様のような存在ですよ。コンビニでも売っているでしょう。ちょっと高価ですが、是非食べてみてください。クセがないから誰でも好きになると思います。
イランのお菓子にはたいてい使われています。味の説明はちょっと難しいですね。他のナッツ類よりも油っこくないですね。上品な味がします。^^
栄養も他のナッツ類よりいろいろと成分が含まれているようです。
Commented by すみ at 2005-09-24 08:35 x
えるだまさん、おはようございます。
イランはこれから時差が5時間半になる訳で、まだお休み中でしょうね。
ビスタチオは日本でもお馴染みのナッツですが、こんな形をしていたのですね・・・そういえばアーモンドとかカシューナッツとかも実際には見たことないですね。アーモンドの花は桃の花に似ているみたいですけど・・・

今日も10位ですが、ここまで来たらもっと上をめざしましょう。9位の人も審査員特別賞で並んでいますね。
今日も応援ダブル・クリックー☆☆
Commented by elderman at 2005-09-24 11:36
すみさん、おはようございます。^^
6時に起きましたが、日本ではもう11時半ですね。半日違いになってしまいました。
野生のアーモンドの花の写真はあるのでアップしましょう。カシューナッツの木はまだ見たことがありません。
「ユキノヒノシマウマ」ブログも入賞しています。人気がありますね、たいしたものです。細かいことを言うと、彼のは赤いメダル、私のは黒いメダルでちょっと違いますけどね。
クリックありがとうございます。^^


<< ゴムの双子山(イラン)      日本人の特殊性(22):信用 >>