えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 20日

日本人の特殊性(20):泣く

日本人の男性はなかなか泣かないものです。武士道の影響でしょうか、そのように教育されてきたのですね。男なら泣くんじゃない・・・泣くことがまるで卑しい行為のように教育されてしまったとも言えるでしょうか。その点、日本女性にはそういう教育はあまりなされないようで、比較的自由に涙とともに感情を表せるようです。

家内がそれほどの出来でもないTVドラマをみて、ぽろぽろ涙を流しているのを脇目で見ながら、男子たるものこの程度のことで涙してなるものかと、この監督はここでお涙頂戴の演出をしているに違いないなどと気を紛らわすことばかり考えるようになります。この対照的な感情の発露は性による差でなくて、教育あるいは躾のせいであると気がつくのには海外で生活をして外国人の感情の表れ方を観察する必要がありました。

イラン人はあまり喜怒哀楽の感情表現の抑制をしないようです。もちろん日替わりの態度は好ましいものではないので、男性としてはその日の気分やむら気は家族以外に表さないという努力はしているようです。しかし、本当に悲しいことや気がかりなことがあると、素直に表情に出すのは平気なようです。

イスラム教シーア派の妙なパレードをTVでご覧になられた方もいらっしゃると思いますが、手やチェーンで胸を叩きながら号泣して歩くという姿が見られます。聖人(エマーム)として崇められている宗教指導者の殉職を悲しんでの感情表現なのですが、1000年も前に死んでしまった人ですから、どうしてそこまで悲しめるのか我々には不思議な気がします。もっとも行進で泣いているのはその道のプロであると聞いたことがあります。ま、そんなものなのでしょう。

親族を喪っておいおい泣く男性、失恋してぽろぽろ泣く男性、日本人の感覚からはみっともないという感じがありますが、ではどうしてそのような感情表現をしていけないのかという理由を考えるとつまりは国民性というような曖昧な文化、教育、躾のせいであるということに気がつきます。

女心は秋の空などと、女性には生理的な原因があるでしょうからどこの国でも寛大に扱われます。それで、女性は政治には向かない、特に外交には向かないなどと本気で唱えている人があるようです。血の上りやすい男性が向いているという気もしませんから、この辺りは一人一人の個性に依存するというのがまとものような気がします。

感情をあまり表さない日本人というのは、外国人からみると一種不気味な雰囲気があるのかも知れません。前にも書いたように、肌の触れ合いという行為は日本人の日常生活や挨拶の習慣にないし、そこへ持ってきて感情表現をせず、いつも意味不明の微笑をしているか、もう一つの典型的日本人のパターンでいつも難しい顔をしているというのもありますが、どちらにしても親しみやすい人間というのにはほど遠い感じがします。

それでも外国に長いこと出ている日本人は表現が次第に大げさになって来ているのを認めることがあります。やはり外国人と接触していると無表情ではいい交友関係が持てないと自覚しているのでしょう。私も11年と海外での生活が長くなりましたが、少しずつの変化をしているのでしょうか、自分では気がつかないことが多いと思います。日本に帰って自分の動作や表情で友人に変な顔でもされたら注意しないといけませんね。

私はどちらからというと、外国人に合わせた大げさな態度をとるのは好みません。無理して振舞っても所詮、自分は自分。どこの国にいても自分の持てるものだけで対人関係を作っていきたいと考えています。日本人特有のものは目立たないようにするという努力はしています。

泣いてすっきりするという話を女性から聞くことがありますが、こういうのは残念ながらさっぱり分かりません。泣いたって何も状況は変わらないだろうにってのが、家内には割り切り過ぎると映るようです。ある日、家内に聞いたことがあります。「どうして死んだ人を悲しむの?」、「可哀相だから」、「可哀相って死んじゃった人にはそんなの分からないんじゃないの?」、「・・・・」
[PR]

by elderman | 2005-09-20 11:48 | えるだま雑記【案内画面】 | Comments(10)
Commented by japonikk-la at 2005-09-20 13:13
このシリーズも20回目だから、もうこれが最後ですか? だとしたら残念だなあ。
私も古い人間なのか、男が涙をぼろぼろ流すというのはあまり好きでないなあ。昔、郷ひろみがテレビでうれし泣きか泣いているのを見て情けのないやつだなんて思ってしまいました。でも映画とか見て感情を殺す為にそんなに苦労しているのかと思うとやっぱり気の毒だなあ、男は大変だなあなんて。女で良かったです。でも泣かない日本男児、私にはとっても男らしく映ります。でも人によっては、感情を素直に出す男性に母性本能を感じる女性もいるのかもしれないですけどね。
Commented by elderman at 2005-09-20 13:28
japonikk-laさん、ありがとうございます。^^
このシリーズは少なくても30回分はありますから、まだ大丈夫です。(笑)
またストックが終了しても、普段からいろいろ書いているので、そちらでもお楽しみいただけるでしょう。イラン人の特殊性とか。(笑)
高倉健じゃないですけど、日本人の男は背中で演技しないといけないのかな。(笑)
Commented by aki at 2005-09-20 14:30 x
アメリカ人の男性などは人前で泣くことはあまりしないと聞いていますが
感情のコントロールができないとみなされてしまうと。
レオはカナダ人ですが、私が感情的になると「すぐにパニックをおこす」と
嫌がりますね。パニックと感情的になって涙ぐむのとは違うと思うし、
いちいちそんなのパニック扱いされてたら、こっちはたまったもんじゃないと思うのですが・・・。大声出すわけでなし、泣き喚くわけでなし。
Commented by elderman at 2005-09-20 14:38
akiさん、なるほど。^^
感情も体重もコントロールしないといけないのが米国なのかもね。^^
喜怒哀楽、ある程度は表現しないとつまらないですよね。感情を身近な人に出しておかしいかなぁ・・・ パニックというのは困るけど、涙くらいいいじゃない。家内が涙を流していても放っておきますけど・・・ だってTVドラマで涙を流しているんだもの・・・
Commented by lovizo at 2005-09-20 16:01 x
男性の涙ですか・・・。
家のダンナは動物モノのTV番組でしょっちゅう泣いています。
お母さんイノシシが食い殺されたり、赤ちゃんインパラが食われたり・・・。
そんな時は、そっとティッシュを差し出します(笑)
そして義弟は、今でこそありませんが、数年前まで彼女に振られる度に
泣きながら電話をしてきます(笑)
どちらも可愛いもんです。
とどのつまり私の場合は、相手次第で可愛く見えたり女々しく見えたり(^^;
老若男女を問わず、涙を流すのっていいと思います♪
Commented by elderman at 2005-09-20 16:56
lovizoさん、そうですかぁ。^^
でもダンナさん、牛肉も豚肉も食べるのでしょう。(笑) 義弟さんはいつまでも振られてはいないでしょうから、それは問題解決ですね。^^
血も涙もないなんて冷酷な人間、誰だって嫌でしょうから、せいぜい喜怒哀楽を楽しむことにしましょうか。^^
Commented by 宇宙和里 at 2005-09-20 18:40 x
昔、「男が泣くのは、母親が死んだ時だけ。女が泣くのは、自分の子供が死んだ時だけ。」(泣くのは、というより、泣いてもいいのは、ということ)これ、小学か中学校の時の社会科の先生が昔の人(日本人)は、ということで話してくれたことです。なんでだろう~ こういうこと今でも覚えています。 日本史の年号なんて、すぐに忘れてしまうのに~。
Commented by elderman at 2005-09-20 18:57
宇宙和里さん、そうでしたか。^^
私もそういう影響を受けているのかも知れません。人前で涙なんてとても見せられません。見せられないということが次なるステップへのエネルギーになると思っています。イラン政府のアホな高官がなんだぁ・・・ いや、これは関係ないですね。(笑)
Commented by M-flower5 at 2005-09-20 19:50 x
女性の思春期にはお泣きの時間があると聞かされていました。
小学3年の時、帰校時間前に先生が童話を読み聞かせてくれましたが、マッチ売りの少女、小公女、家なき子、どれも知っているのに泣いて困り、この時間がなくなりますようにと願ったものです。大人に成ってもテレビ前で泣くので母や姉は作り話なのにと笑いました。父もテレビに泣かされていましたので涙もろいのは父親ゆずりでしょうか。それが主人が病人となり他界して6年ほどは泣く事が出来なく苦しかった経験があります。ある日一適の涙がスーとこぼれ押さえ込んでいた神経が自然の生理に戻してくれ気持ちが晴れる経験をしました。涙にはストレス物質入って出されるので、泣く事は精神を安定させるのかもしれません。
Commented by elderman at 2005-09-20 20:05
M-flower5さん、そうだったんですか。
これからは好きなだけ泣いてくださいな。泣いたって誰の迷惑にもなりませんから・・・
もちろん好きなだけ笑ってくださいね。そして素敵な笑顔もね。^^


<< 新しいモスク(イラン)      世界の花(13)オオゴチョウ >>